身近な海の危険生物

海には様々な生き物が住んでいます。
こちらでは、その中でも身近な海の危険生物についてご紹介いたします。

○アカエイ

アカエイとは、日本を含めた東アジアに広く生息しているエイの仲間です。アカエイには細長い尾があるのですが、この尾の背面には短い棘が列を成して並んでいます。その棘には毒腺があり、刺されると激痛に襲われます。

数週間も痛みが続き、アレルギー体質の方であればアナフィラキシーショックによって死亡する可能性もあるのです。
しかし、触ったりしない限りアカエイが人を刺すことはありませんので、アカエイを見かけたら無闇に近づかないようにしましょう。

○アンボイナガイ

アンボイナガイ(通称:イモガイ)とは、暖流域の浅海に生息しているカイの仲間です。イモガイは美しい貝殻としても人気で、ショップなどでもよく見かけられます。このアンボイナガイの毒は、全生物の中でも最強クラスのものとなっており、刺された際には痛みは少ないものの、時間が経過すると呼吸麻痺などを引き起こします。

この毒性の高さから、日本でもアンボイナガイに刺されたことで亡くなった方が少なくありません。浅瀬などにも生息していますので、大人だけでなくお子様も気をつける必要があります。

○オニヒトデ

オニヒトデとは、幅長が15〜30cmになる大型のヒトデの仲間です。
オニヒトデの体表面には多数の有毒の棘が生えており、その棘が人の皮膚に刺さると激しい痛みを引き起こします。

アナフィラキシーショックによって重症化することもあり、最悪の場合死に到ることもありえます。アカエイやアンボイナガイと同様、見かけた際には近づかないようにすることが大切です。

アナフィラキシーショックによって重症化することもあり、最悪の場合死に到ることもありえます。アカエイやアンボイナガイと同様、見かけた際には近づかないようにすることが大切です。

当店では、マリンスポーツを楽しむためのマリンスポーツ用品やボート用品の販売を行っております。ウェイクボードやバナナボート、ゴムボートを楽しむために必要なライフジャケットやアンカーから、トレーラー部品やヒッチメンバーといったボート用品まで、数多くご用意しています。

マリンスポーツを楽しむために装備や備品の充実は欠かせませんので、マリンスポーツ用品やボート用品をお探しでしたら、ぜひ当店をご利用ください。