小型船舶免許

はじめての小型船舶免許は「J.S.P.TOKAI 中部小型船舶免許センター」へ!
ジェットスキーを自らの操縦で楽しむためには、「小型船舶操縦免許証」が必要です。
これらの免許証を取得することで、これまで以上にマリンスポーツを楽しむことができて、楽しみのスケールを大きく広げることができておすすめです。

○小型船舶免許とは?

自らジェットスキーを操縦して楽しみたいというときには、小型船舶免許の取得をおすすめします。
小型船舶免許の正式名称は、「小型船舶操縦士免許」であり、「1級小型船舶操縦士」、「2級小型船舶操縦士」、「特殊小型船舶操縦士」など、操縦できる船の大きさや航行区域により種類が異なります。

1〜3級までの小型船舶免許の受験資格は18歳以上で、4〜5級までの小型船舶免許、ならびに特殊小型船舶操縦士の受験資格は16歳以上となっています。すべての級に関して学科と実技試験があります。

○国家試験免除について

J.S.P.TOKAI 中部小型船舶免許センターでは、総トン数20トン未満(長さ24m未満)のクルーザーやヨットなどの小型船舶を操縦するために必要な船長免許が取得できるようにサポートさせていただきます。
学科と実技の講習を受けていただいた後に、その場で修了審査を受けていただくことで確実に船長免許の取得が可能です。

必要書類を郵送いただき受付けが完了次第、お電話などで詳細についてご連絡させていただきます。学科や実技を受講いただき無事に修了審査に合格されると、合格から約1カ月で免許がご自宅に届くようになっています。

○PWCを自分で操縦したい!「特殊小型船舶操縦士」を取得するとできること

海や川、湖などを走る水上バイク(ジェットスキー)やモーターボート、プレジャーボートなどの小型船を操縦するために必要な免許が小型船舶免許、すなわち「小型船舶操縦士」という免許です。
以下では、1日で取得できると人気の免許である小型船舶免許の「特殊小型船舶操縦士」に関する基本と、取得したことでできることをいくつかご紹介します。

○特殊小型船舶操縦士ってなに?

小型船舶免許のどの級を取得するかによって、できることは異なりますが、免許を取得することでこれまで以上にレジャースポーツを楽しめたり、遠くの海まで進むことができたりと世界が広がります。
中でも、「特殊小型船舶操縦士」の免許は、水上バイク(ジェットスキー、PWC)専用の船長免許であるため、1級や2級の小型船舶操縦士の免許とは違って、水上バイクを自分で操縦して楽しむことができます。
学科や実技の国家試験が免除されるため、1日の講習を受けて修了審査に合格することですぐに免許を取得することができます。

○PWCが操縦できる特殊小型船舶操縦士

特殊小型船舶操縦士の免許を取得する方の最大の目的は、何といっても「水上オートバイ(PWC)」、すなわちジェットスキーを操縦できるようになるということです。
免許なしでもインストラクターやガイド付きの体験ツアーであればPWCに乗ることができますが、自分では操縦することができません。
一方、特殊小型船舶操縦士を取得すればPWCの操縦できること、そして海岸より2海里以内を航行区域として海原を颯爽と駆け抜けられるようになります。

○小型船舶免許の級によって異なる船の大きさや航行水域について

PWC(水上バイク)と呼ばれるジェットスキーを自ら操縦するためには、小型船舶免許のうち特殊小型船舶操縦士という免許が必要です。特殊小型船舶操縦士のほかにも、小型船舶には取得する級によっていくつか大きな違いがあるので覚えておく必要があります。

○小型船舶免許の種類について

エンジン付きの小型船を操縦するために必要な小型船舶免許ですが、大きく分けて「1級小型船舶操縦士」、「2級小型船舶操縦士」、そして「特殊小型船舶操縦士」があります。それぞれ級の違いにより、多少できることが異なりますのでぜひ覚えておきましょう。

1級小型船舶操縦士
・・・小型船舶免許のなかで、「航行区域の制限がない」唯一の免許です。そのため、世界中の海を航行できると人気で、船の大きさが総トン数20トン未満であれば操縦が可能です。海外から100海里を超える区域を航行するためには、六級海技士(機関)以上を取得した機関長の乗船が必要です。

2級小型船舶操縦士
・・・航行区域は海岸、および平水区域から5海里以内に限られています。ヨットやボートなどを楽しむ方に人気の免許ですが、16歳〜18歳の方が操縦するときには5トン限定となりますので注意が必要です。

特殊小型船舶操縦士
・・・水上バイク(ジェットスキー)を操縦するときに必要になる免許です。講習を受けて修了審査に合格すると1日で取得できるためおすすめです。ちなみに、小型船舶免許の1級や2級を取得していても水上バイクを操縦することはできないため、水上バイクを自ら操縦したいときには特殊小型船舶操縦士の免許を取得する必要があります。航行区域は海岸より2海里以内です。

○はじめての方でも取得できる!目的別のおすすめ小型船舶免許について

マリンレジャーを本格的に楽しみたいという方におすすめなのが、「小型船舶免許」の取得です。
はじめての方でも取得できる免許ですので、夏が始まるまえにぜひ取得を検討してみてください。

○目的別のおすすめ小型船舶免許

小型船舶免許といっても、1級小型船舶操縦士、2級小型船舶操縦士、特殊小型船舶操縦士・・・と、取得する級によって出来ることが異なります。

ジェットスキーを楽しむなら?
正式名称を水上バイクとするジェットスキーを操縦して楽しむためには、「特殊小型船舶操縦士」を取得します。小型船舶免許の1級や2級を持っていてもジェットスキーは操縦できないので注意が必要です。ただ、特殊小型船舶操縦士は一日もあれば簡単に取得できる免許なので、気になる方はぜひ当店までお問い合わせください。

海外まで航行するなら?
航行区域に制限がない小型船舶免許なら「1級小型船舶操縦士」を取得します。
総トン数 20トン未満で一定基準の船舶に乗って、ロングクルージングを楽しみたいというときにもおすすめです。ただ、海岸から100海里を超える区域の場合には、一定資格をもつ機関長が同船する必要があります。

マリンレジャー+ジェットスキーも楽しみたいなら?
「2級小型船舶操縦士」の免許を取得すれば、海岸から5海里(約9km)までの航行区域を楽しむことができますが、これだけではジェットスキー(水上バイク)は操縦できません。そのため、必要であれば2級小型船舶操縦士のほかに、特殊小型船舶操縦士の免許も取得してマリンレジャーをより楽しむのがおすすめです。

小型船舶免許の取得をお考えなら、ぜひ当店をご利用ください。当店では国家試験免除をはじめ、4人以上おそろいなら日程も自由に組んでいただくことができます。