ウェットスーツ

マリンスポーツを楽しむために選びたいウェットスーツについて
マリンスポーツを楽しむために確実に持っておきたいアイテムといえば「ウェットスーツ」です。以下では、はじめてマリンスポーツを楽しむ方に向けてウェットスーツの基本について簡単にご紹介します。

○ウェットスーツとは?

マリンスポーツをするときに揃えておきたいアイテムとして、「ウェットスーツ」があります。
ウェットスーツは、海水や外気によって体温を低下させないために着用する保温効果があるウェアです。保温効果があると同時に、接触や衝撃を受けたときに人の身体を保護する役目もあります。
ただ、「ウェットスーツを着ていれば濡れることはない」と勘違いされることがありますが、実際にはウェットスーツには防水効果はありません。ただ、ゴムや合成繊維が身体に密着されるため、高い保温性が発揮されます。

○身体にフィットするウェットスーツを選ぶのがベスト!

はじめてウェットスーツを着る、または購入するというときには、たくさんある種類の中からどのように選んだら良いかと不安になります。
そういった時に確実に覚えておきたいのが、「身体にフィットする」ウェットスーツを選ぶということです。
ウェットスーツは人の肌に密着していますが、防水力がないため水がしみ込みます。肌とウェットスーツのあいだに侵入した水が層を作りだし、その水の層が人の体温で温められると適度な温度を保つことができます。これこそがウェットスーツに保温力をもたらすメカニズムであり、マリンスポーツで多用される大きな強みといえるのです。

○初心者向け!ウェットスーツが必要になるときってこういう時です!

今年の夏はマリンスポーツを思いっきり楽しみたい、季節に限らずマリンアウトドアに挑戦したいというときに知っておきたいのが「ウェットスーツ」です。
以下では、ウェットスーツが必要になりそうな時のシチュエーションについてご紹介します。

怪我を防止することが目的のとき
ウェットスーツを着用したほうがおすすめのときといえば、「怪我を防止することが目的のとき」です。
ウェットスーツは身体に密着するゴムや合成繊維で作られたウェアであるため、身体によく密着するといった特性を持っているため、身体に合ったウェアを選ぶことができればより高い性能を実感することができます。
サーフィンやジェットスキーなど、動きが激しいマリンスポーツをするときには少しの衝撃により怪我をしてしまう危険性があるので、肌を衝撃や外的から守るという意味でもウェットスーツは持っていたほうが良いでしょう。

寒い時期はもちろん、夏にも効果的に使いたい!
夏場は水着やラッシュガードだけを来てマリンスポーツを楽しむこともありますが、夕方頃になると水温が下がってくるので長時間水中にいる体力が大きく消耗します。
そのため、屋外の温度が下がっているときに限らず、水温が低いときにも保温効果の高いウェットスーツを着用するのがおすすめです。

日焼けを予防したいときにもおすすめ
ウェットスーツは身体全体を保護する役目があることから、特に日焼けを気にしている女性の方にもおすすめのウェアです。
ウェットスーツの種類により、ノンスリーブのスーツもあれば、日焼けを防止できる手首まで伸びたスーツもあります。マリンスポーツのベストシーズンともいわれる夏ですが、長時間直射日光を浴び続けているとそれだけ身体に負担が生じてしまうので、体力を保つためにもウェットスーツを効果的に着用するのがおすすめです。

○快適さをキープするために!ウェットスーツを使ったあとのお手入れや保管方法

ウェットスーツを快適に、そして長く使うためには使用したあとの「お手入れ」や「保管方法」にも気を付けておきたいところです。

○使ったあとのお手入れはどうする?

サーフィンやジェットスキーなどでウェットスーツを使ったあとは、必ず「洗う・乾燥・吊るして保管」という流れが基本です。

海水をしっかり落とす
海水などの汚れがついているので、何となく汚れが落ちそうな洗濯機で洗いたくなりますがウェットスーツの生地を傷めてしまう危険性があるのでNGです。
ウェットスーツを洗うときには洗濯機を使わずに、大きめのボックスやバスタブなどを使い、専用の洗剤を使って塩分をしっかり落としておきましょう。

自然乾燥で直射日光は避ける
塩分などの汚れをきれいに落としたウェットスーツは、必ず自然乾燥させておきます。
乾燥器を使うことは洗濯機同様、生地を傷めてしまう可能性があるのでNGです。そして、自然乾燥するときには直射日光を当てて一気に乾かしたいところですが、これも生地を傷める危険性があるのでNGです。
直射日光が当たらない場所、そして通気性の良い場所に置いて自然乾燥させるのがベストです。

ウェットスーツは保管方法も重要
身体にフィットするウェットスーツを選ぶのが大切なポイントですが、スーツの形を損ねないようにするためには「吊るして保管」するのが一番です。
ファスナーもしっかり締めたうえで保管して、折りたたんだり、直射日光に当たる場所に保管したり、ほかの衣類といっしょに保管したりということがないようにしましょう。

○ボートショーツやラッシュガードしかないときには「ウェットスーツ」がおすすめ!

夏が終わって少しずつ寒くなってきても、やっぱりもう少しジェットスキーやサーフィンなどのマリンスポーツを楽しみたいという方も多いのではないでしょうか。そこで、まだボートショーツやラッシュガードしか持っていないという方には、ぜひ「ウェットスーツ」の購入をおすすめします!

○ラッシュガード

当店では、男性向け、女性向け、子ども向けとさまざまな「ラッシュガード」を取り揃えております柔らかくで気持ちの良い肌触り、着心地の良さやフィット感、さらにはUVカットのウェアなど、ウェットスーツのインナーとしても大活躍のラッシュガードは、マリンスポーツを楽しむために絶対に持っておきたいアイテムです。ご家族全員で合わせられるユニセックスなサイズ企画の商品も多数取り揃えております。

○ウェットスーツの選び方!

ウェットスーツを選ぶときに絶対に忘れてはならないポイントが「身体にぴったりフィットしている」ということです。身体に合ったウェットスーツを選ばないと、保温性や防寒性、そして機動性などが半減されてしまうからです。
また、全身タイプのウェットスーツもあれば、半ズボンタイプのウェットスーツなどもあるので、着用する季節に合わせて最適なウェットスーツのタイプを選ぶのがおすすめです。

○ウェットスーツの防寒性を高める「マリンコート」

朝方や夕方など、一日のあいだでかなりの気温差があるときには、ウェットスーツだけでは寒いなと感じることがあります。そのため、できればオールシーズン利用できる「マリンコート」を一着持っていると、より防寒性を高めることができておすすめです。
マリンコートは、伸縮性や保温性に優れた製品が多いこと、そして手首のサイズも自由に調節できるためジェットスキーを運転するときにもハンドルワークやアクセルワークなどもスムーズに行うことができます。

当店では、ウェットスーツやマリンコートをはじめとしたマリンアウトドア用品を多数取り揃えております。初めてマリンスポーツに挑戦するという方も、上級者の方も欲しいアイテムがきっと見つかるはずです。気になることがございましたらぜひ当店までお気軽にお問い合わせください。